パターのアドレスはどのようにとっていますか?

こんにちは!

エムズ小岩駅前ゴルフスクールの店長コーチのMikiです。



パターは打ち方に決まりはありません。グリップも様々な持ち方があります。

しかしアドレスはしっかりとらないとターゲット方向に打つことは困難になります。


アドレスの取り方はこんな感じ。

↑まずボールについている矢印をターゲット方向に向けてターゲット方向に向かってボールの後ろ側から置きます。



↑次に、右手でパターをもってボールについている矢印とパターについているセンターのラインを一直線になるように構えます。

そしてご自身がボールのラインと平行になるように立てる位置を探します。

それまではクラブは片手で持ち、グリップはしません。

会員様を拝見していると、ボールの前に入る前からグリップを作ってアドレスに入る方が多いです。これだとまっすぐボールに対して立つことがコースだと特にできないと思います。



↑そしてボールに対してまっすぐ立つ位置が決まったらグリップをしてアドレス完成です。



パターの振り方が云々という前にまずはアドレスがしっかりターゲットに向かって取れていないとボールがターゲットに向かうことは困難になります。


パターが入らないと嘆くことの前に、パターをバンバン練習する前に、まずは基本のキから見直してみましょう。

きっと良い感じになってくるはずです。

詳しいことはレッスンにて。

(パターももちろんご質問いただければレッスンの際にご説明させていただきますのでおっしゃってください。私の強みは寄せ1パーがとれることなので、パターは得意クラブなのでコツをお伝えします。)





体験レッスンのお申込みは・・
エムズ小岩駅前ゴルフスクール
📞 03-5876-7995
📧 msgolfkoiwa@gmail.com


エムズ小岩駅前ゴルフスクール

エムズ小岩駅前ゴルフスクール公式ウェブサイト。(旧)ステップゴルフ西小岩店 JR総武線・小岩駅北口より徒歩3分、NGFライセンスを取得したベテラン女性コーチが在籍するゴルフスクールです。的確なレッスンにより、初心者入会から1年以内の100ギリを達成した方が多数! 完全定額制で通いたい放題・習いたい放題●打席はシミュレーション4打席・スカイトラック設置5打席

0コメント

  • 1000 / 1000