右腕内旋

こんにちは!

エムズ小岩駅前ゴルフスクールの店長コーチのMikiです。


アームローテーションの腕の回旋がだいぶおわかりになられた方が増え、つかまったボールが出るようになってきた方、飛距離が伸びた方など増えていらっしゃいます。


アームローテーションのタイミング、そもそもの意味を勘違いして手首を極度に返してしまい左に出てしまう方はまだまだいらしゃいますし、相変わらずすくい打ちをしていまう方もだいぶ少なくなったものの残念ながらまだ何人かいらっしゃいます。

アームローテーションを習得して正しい腕の回旋を覚えることで腕が痛くならないし、飛距離も出るし、方向も安定します。

初心者の方は先入観念がないからマスターがとても速いのですが、経験者ゴルファーの中にはどうしても治らない方がいらっしゃいます。長年の癖はなかなか手ごわいです。


そこで、昨日より、こんな感じ↓の簡単な説明をさせていただいております。



それは・・・

↑右手をトップの位置に上げます。

この時身体も右(みぞおちを意識で回転)に向けてみてください。

そこから身体を左に回しながら(みぞおち意識で回転)最下点目指して右手をおろしていきましょう。



↑最下点の意識としては右ひざを右手の手のひらで叩いてみましょう。

その時にはすでに右の手の甲は正面を向いていますのでローテーションが入っている状態になります。

・・・ということは切り返し直後から身体の回転と一緒にローテーションが始まるという感覚です。



↑ちなみにフォロースルーは頭が中心に残るようにします。

腕は身体をなぞるぐらい身体の近くを通ります。



手首を返すのではなく、身体と一緒に自然な形で腕が回旋していくというイメージをもっていただければ・・・と思います。

詳しいことはレッスンにて・・・。




体験レッスンのお申込みは・・
エムズ小岩駅前ゴルフスクール
📞 03-5876-7995
📧 msgolfkoiwa@gmail.com

エムズ小岩駅前ゴルフスクール

エムズ小岩駅前ゴルフスクール公式ウェブサイト。(旧)ステップゴルフ西小岩店 JR総武線・小岩駅北口より徒歩3分、NGFライセンスを取得したベテラン女性コーチが在籍するゴルフスクールです。的確なレッスンにより、初心者入会から1年以内の100ギリを達成した方が多数! 完全定額制で通いたい放題・習いたい放題●打席はシミュレーション4打席・スカイトラック設置5打席

0コメント

  • 1000 / 1000