トーナメント開催前のコースに行ってきました。

こんにちは!

エムズ小岩駅前ゴルフスクールの店長コーチのMikiです。


私は、ゴールデンウイークの間はゴルフの予定は5回でしたが、実際は雨で中止になったりして3回でした。

今は競技ゴルフをしているので競技の練習ラウンドが2回とプライベートが1回。


プライベートは来月ニチレイレディースが開催される袖ケ浦カンツリー新袖コース。

練習環境も50ヤードぐらいまでのランニングアプローチもできるようなアプローチ練習場があるのでスタートの2時間前に行きショット練習以上にアプローチの練習をしちゃいました。


この日はトーナメント開催関係のスタッフらしき方々がコースの下見に集団でいらっしゃっていました。


各ホールの距離は普通のコースに比べると長く、しかも袖ケ浦カンツリーの袖ケ浦コースに比べると、ブラインドホールのドッグレッグや高低差があるホールが多くトリッキーなつくりになっている難コースです。


ドライバー飛距離が180~190アベレージの私が白ティーからプレーして82で上がれるというのは・・・

ショットの飛距離はスコアには直結しないということですよね。


アプローチの精度こそがスコアへの影響が大きいのです。

またコースマネジメントも大切です。


一緒にラウンドした同伴プレーヤーたちは男性なので私よりずっとティーショットはとびますがスコア的には、飛ばない私の82より20近く多い100前後でした。

この差は・・・アプローチとスコアメイクだとおもいます。


この日、私は寄せワンのパーが7個でした。

飛距離がなくてもミドルの3打め、ロングの4打めがよければ十分にパーを狙えるのです。


またティーショットの狙い場所を漠然と考えず、鉄塔の右サイドというようにかなりビシっと決めることも大事。決めたターゲットにむかってしっかりアドレスを作ることも必須です。

残念ながらインドアの練習ではターゲット取りができないので、たまには外の練習場に行き

ただ漠然と打つのではなく、練習場内の目標物(230の看板とか左右中央の柱とか)にターゲットを絞り練習なさることをお勧めします。



あとは・・・

ドライバーを振り回すのではなく、

アプローチの練習をしましょう。

ウエッジは毎ホール使うクラブといっても過言ではありません。


「アプローチはできます」っおっしゃる方が結構いらっしゃいますが、そうおっしゃる方のうち、ワンパット圏内に寄せることができていない方が圧倒的に多いです。


それは「できます」っていうレベルには達していないと思ってください。

そのためには練習しかありません。


アプローチが悪ければ、90ギリはもちろん100ギリも怪しくなります。


10ydから50ydの簡単なアプローチの秘訣をこっそりお伝えしますのでアプローチの練習をしましょう!(^^)/✨





体験レッスンのお申込みは・・
エムズ小岩駅前ゴルフスクール
📞 03-5876-7995
📧 msgolfkoiwa@gmail.com

エムズ小岩駅前ゴルフスクール

エムズ小岩駅前ゴルフスクール公式ウェブサイト。(旧)ステップゴルフ西小岩店 JR総武線・小岩駅北口より徒歩3分、NGFライセンスを取得したベテラン女性コーチが在籍するゴルフスクールです。的確なレッスンにより、初心者入会から1年以内の100ギリを達成した方が多数! 完全定額制で通いたい放題・習いたい放題●打席はシミュレーション4打席・スカイトラック設置5打席

0コメント

  • 1000 / 1000